シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

アメリカで離婚?!もし結婚8年目ならチョット待って!

アメリカで今離婚をお考えの方

もし、結婚7、8、9年目だったら

チョットだけ我慢して10年目まで

待つと一利あります。

 

それは、ソーシャルセキュリティーという

アメリカの年金がもらえるかもしれないからです。

(日本で言う所の国民年金)

 

もし、離婚しようと思っているご主人様が

アメリカで普通に働いて給料をもらっている人なら

66歳(今の所)で、ソーシャルセキュリティ年金を受給できるのですが

結婚歴が10年以上あれば

離婚した配偶者も受給資格があります。

 

そうです、10年以上という所がポイントになります。

なので、結婚して8年目や9年目の方は

我慢できるのなら、チョットだけ待ってから離婚しましょう。

 

特に、アメリカで専業主婦をして来て

ご主人の収入に頼って来た方。

ソーシャルセキュリティ年金があると

やっぱり助かります。

 

いくら貰えるの? って聞きたいですよね(^o^)

それは、ご主人の収入額と勤続年数によります。

ソーシャルセキュリーオフィスに問い合わせると

計算してくれます。

 

離婚したご主人の受給額の半分を貰うことができ

ますが、ご主人の受給額が減らされる訳ではなく

ご主人には満額が

支給されるので、あなたは、心起きなく

年金オフィスに、受給申告して下さいね。

 

さて、ここからが重要です。

受給資格を失う場合があります。

それは、再婚です。

どなたか、他の方と再婚した場合は

前夫の年金の受給資格を喪失します。

 

でも、新しいご主人の年金受給の枠内に

入るので それはそれで良しとしましょう。

 

あとソーシャルセキュリティーは、日本の国民年金の

ようなものですから、大した額ではないです。

足しになる程度ですので、受給資格を維持するために

再婚しないとか言うのはやめましょう。

離婚後のリタイヤメント計画は、早いうちから

自分で築いて行きましょう!

 

私は、アメリカで20年働いていたので

自分のソーシャルセキュリティー年金を

受給するか、元夫の年金の半分を受給するか

選べます。

 

もちろん、元夫の方がフルで働いていた頃は

私より収入が高かったので、元夫の半分を貰った方が

よかったのですが、10年前の解雇以来

ほとんど、まともに仕事してない元夫。

受給予想額は、減っていく一方なので

私の分から引き出した方が

良さそうです。

 

さて、最後にクイズ!

数回 離婚された方のケース

例えば、

前々夫Aと10年結婚して離婚。

前夫Bと10年以上結婚して離婚した方は

どっちのソーシャルセキュリティを受給するのでしょうか?

答えは

⬇︎

⬇︎

どちらか、多い方を選べば良いんですって!!

 

kabocha63.hatenablog.com