読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【アメリカ赴任前に覚えておこう】日本人駐在員にありがちな、やってはいけない所作

 

脚をすってあるく

ぞうり文化のなごりなのでしょうか。大抵の日本人は、足を上げず すーっすーっと脚を引きずってカーペットを擦って歩きます。オフィス内では、突っかけサンダルなどに履きかえてしまう駐在員もいたりして。そうするともう、引きずり音に加えて スパッスパッという音も加わり、ものすごい雑音がオフィス中を駆け巡るのです。すーっ、スパッ、すーっ、スパッ。 多国籍 スタッフで構成される大半のアメリカのオフィスでは日本人駐在員の、足音は「うざい」音。 脚はきちんとあげて、床を擦らず、さっそうと歩きましょう!

食べる時のくちゃくちゃ音

これもよくありました。アメリカで和食店に行って麺類をすするのはまだしも、ビジネス会食でイタリアンレストランなどに行った折りに、一斉に始まるのが、日本人駐在員のパスタ

ズズズーっ音。そしてクチャクチャ音。結構多いんですよ。ハフハフと息たてながらボール(お椀)にくらいつき、がつがつ食べちゃう人。一度、カスタマーと共に同席した同僚のアメリカ人女性が Wow! XX is getting noisy over there! とテーブル越しににっこりやんわりと警告したのですが、ご本人全く気付かず ズーズー、クチャクチャ、ハフハフと食べ続け。カスタマー興ざめしていた様子でした。

プレゼンの時の中指

これ!特に赴任したての日本人駐在員に多い。プレゼンや、資料説明の時に中指で差してしまう。これ致命的です。会議中、中指でホワイトボードをトントンとあっちを差し、こっちを差し。 会議室の後ろの方からはクスクスクスと笑い声が……。差別するわけではありませんが特に女性駐在員が、これをやってしまうと赴任早々、印象どん底に落ちてしまいます。中指をたてるのは、絶対タブーです。やめましょう。

会話中のシースー音

これも、日本ではあまり気づかない日本人の会話中の特徴。話しながら、考えながら大きく

歯と歯の間から、シー スーと大きな音を出します。英語ではfillersやfiller wordsのI mean やyou knowにあたる部分ですね。日本語では え~、あ~、あの~、ま~、と言ったり。シー スーと大きな音をたてて息を吸ったり吐いたりして言葉と言葉の間を埋めます。え~、あ~は、いいですが。シーとかスーは、歯と歯の間に詰まったものを細い息力で引き込んだり、引き出したりを連想させてしまうので、不快感をあたえます。シーとスーは絶対やめましょう!

 

 

kabocha63.hatenablog.com