シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【元夫の医療費】一体いくら払っているのだろうか

この数カ月で、元夫は2回緊急入院し

救急車で搬送され、緊急治療を受けた

訳ですが‥。

医療費の請求書が今頃、どっさりと

届いていることでしょう。

 

一体いくら払うのだろうか‥と

想像するだけでゾッとします。

 

まともな保険に加入出来ていない元夫。

カバーされる範囲もネットワークの医師も

救急病院も限られているはず。

 

そんな状況で、多分救急車の搬送代も

自腹部分がかなりあるでしょうし

救急車を呼んだ、お義父母さんやお兄さん夫婦は

わざわざ元夫の保険でカバーされるネットワークの

病院を指定して搬送してもらったとは考えにくく。

 

また元夫が入院したという精神病院も

保険ネットワーク外の病院だった可能性は大です。

 

働いていた頃に貯めた‥といいますか

私が駆使して運用して膨らませてあげた

401K(確定居室年金)を切り崩して

生活している元夫。 資金運用や投資、税金対策の事

全く分からない人ですから底をつくのは時間の問題。

収入がないですから、離婚当時から比べて

かなり減っている事は確かです。

 

3年前思い切って離婚に踏み切って

縁を切ってしまって良かった。結婚生活を続けていたら

家族全員共倒れしていたことでしょう。

 

しかしながら、今きっぱりと「私の知ったこっちゃない!」

と言い切れないのは、元夫が彼の家族全員から見放され

アメリカにいる息子に降りかかってくるのではないか

と懸念しているからです。

 

離婚して完全に縁を切ったつもりでも

なかなか切れないのです。

 

kabocha63.hatenablog.com