シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【元夫がまた大変な事をしてしまった!その3】立ち退き命令か?!

義理妹さんの話しによりますと

元夫は24/7(週7日 24時間)部屋にこもりっきり。

シャワーや風呂にも殆ど入らず

部屋からは異臭が漂っているそうです。

勿論、掃除もしておらず、昨年カリフォルニアから

引っ越してきた時の段ボール箱もそのまま置いてある。

 

昼間はずっと寝込み、同居しているお義父母さんたちが

就寝する時間帯になって起床、キッチンのレンジをバタバタと

開け閉めしたり、テレビを見たりとうるさいそうです。

 

お義兄さんやお義弟が住んでいる、テキサスに戻れば

元夫は一緒に出掛けたり話したりして、リハビリに

なるかとお義母さんは期待していたようなのですが

お兄さんが来ても、部屋にこもって無視。全く会話

しようとしない。 弟がくれば、なにかといちゃもんを

つけて口論になる。なので、誰も実家に近寄らなく

なってしまいました。

 

全く家事もしない、庭やガレージの掃除もしない。

そして、今回の元夫の入院中に部屋からでてきた

いくつものジンの瓶。

 

お義父母さんとも、もはや限界。

元夫が同居していることで、耐え難いストレス生活の中

自分たちの健康維持さえも難しなって来てるのです。

そこで、とうとう、お義父母さん、元夫に

つきつけました。

「リハビリに自分の意志で通い、治療に専念するか」

「アパートを借りて自活するか」

さもなくば‥ 親子だから、こんな事したくないけど

「eviction notice: 裁判所から立ち退き命令を出してもらって出ていってもらう」

この3つの選択肢を元夫に突き付けたそうです。

 

突き付けられて、元夫がどうしていうるのか分かりませんが。

お義父母さんが、2年半の元夫との同居の末

追い出したくなる気持ち痛いほどわかりますよ。

私と子供たちは、そんな状態に6年も耐えました。

うんざりでした。

 

元夫は甘えすぎなんです。

この話を息子にしましたら

「せっかく、おじいちゃんとおばあちゃんが

暖かく迎え入れてくれた、お家だったのに

それを無下にして、ダディはまともじゃないね。」

とあきれておりました。

 

 

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com