読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【インターナショナルスクール高等部】Parent’s Day 学校参観日

日本の学校 帰国後の日々 国際結婚・離婚 シングルマザー 婚活 ハーフの我が子供たちの事 インターナショナルスクール

娘が高校に通い始めて、早一か月半。

新学期・新学年で、毎日あわただしく過ごしてきた

娘ですが、親向けの行事もあり私も忙しかった。

 

Parent's dayというのがあり、アメリカの学校で言う

Back to School Nightですね。

親が学校を訪れ、子供が履修している科目の教室を

次々と回り、担当の先生から年間のカリキュラムと

採点方法や成績のつけ方など説明してもらいます。

アメリカのように地区内の高校に車でさっと行くわけには

いかないので、遠方に住んでいる方や、平日働いている

親御さんたちも参加できるように週末に行われています。

 

息子がカリフォルニアの高校に通っていたころも

毎年 Back to School Nightは参加していました。

2000人以上生徒がいたマンモス高校だったので敷地も広く

教室移動が大変でした。仕事帰りのハイヒール履きのママさんたちが、

スニーカーに履き替えてくればよかった~!と嘆いていたのを覚えています。

高校生の子供たちは、よく10分のお休み時間内で移動できるなぁ

なんて感心したの覚えています。

 

さて、娘の学校はというと、東京の校舎ですから

息子が通ったカリフォルニアの高校の敷地に

比べてたら、ぐっと狭い敷地に建っているのですが

違った意味で移動が大変でした。

上下移動です(^▽^)

1階から4階まで階段 のぼったりおりたり。斜面部分の階を半階おりて

らせん廊下伝いに歩いていったら、いつの間にか地下部分に入り込んでたり。

コートヤードの向こう側にも教室があったり

迷路のようで、同じように迷ってるママさんパパさんたち

が苦笑しながらウロウロ、ウロウロ。

 

インターナショナルスクールなので、先生方も国際的

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、南アフリカ、

フィリピン、インド、ニュージーランド。

発音は勿論の事、語彙や言い回しなど、それぞれ特徴があり

英語ってこんなにもバリエーションがあるんだなぁ~と

改めて認識。これまで私にとって英語は米語主流だったので

視野が広がった気がしました。

グローバルにみると米語は沢山種類がある英語の

なかの一つ。 One of them‥なんだな‥と。

娘がこの学校に通っている間に私もグローバル

英語に慣れていかねば!

と新たな目標ができました(^▽^)/

 

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com