シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

インターナショナルスクール高等部 最初のイベント

今週から、娘は新しいインターナショナルスクールの

高等部に通い始めました。

これまでの学校とは、あらゆる面で大きく違います。

周りは知らない人ばかり‥。

校舎もなれなくて、迷ったらしく‥。

初日は、疲れた~。と言って帰宅く。口数も少なく

ぐったりしておりましたが、3日目くらいからは

元気になって学校の事話してくれるようになりました。

 

さて、私はというと、初めての学校PTA主催イベントで

ウェルカム コーヒーモーニングに参加しました。

親御さんからの学校内情情報聞きたかったのと

雰囲気がどんなか‥という興味もあり

半日仕事を休んでいってきました。

 

いくと、周りのママさんたちは、長年組なのか

みなさん お知り合いの様子。

なんか‥入りくいな‥と思いながら

まずはコーヒーとクッキーをもらって

テーブルの端に座ったら、前の席にいたママさんが

振り向いて英語で話しかけてきました。

しばらく話していたら、な~んだ日本人じゃない(^▽^)

ということで、そこからは日本語で‥。

 

その方、な~んと!お子さん3人ともインターナショナルスクールに

通わせているそうで (すっごい、経済力)

小学校高学年で帰国した長女の娘さんが、どうしても日本の

学校になじめなかったのと、両親とも日本の教育制度や教育内容に

大きな疑問を抱いていて結局3人ともインターになってしまったそうです。

そのインターママの教育に対する考え方や意見に同意賛同する点多くほっとしました。

 

さて、他のインターママたちが全体的にどうだったかというと‥‥

色々です。

ものすごく着飾って、セレブ風の人もいましたが

庶民派おばちゃん風の人もいるし、ジーパンとTシャツで

下のチビちゃん連れてきてる質素なお母さんもいたし。

これといった暗黙の決まりもなく ざっくばらんな雰囲気。

 

そうこうしているうちに、学校はお休み時間に突入。

あっちからもこっちからも、子供たちがなだれ込んで

来て、次の授業に向かう教室移動でスクランブル状態。

話し声が聞こえなくなっちゃって‥コーヒータイムはお開きとなりました。

 

これからの4年間、この学校に通い‥

どういう展開になるのか‥わかりませんですが

とりあえず、最初の学校イベント所感は以上で

ございます(^▽^)/

 

kabocha63.hatenablog.com

 

 

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com