シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

いよいよ始まるインターナショナルスクール高等部の事前オリエンテーション

いよいよ今月からインターナショナルスクール高等部が始まります。

それに先立って新入生のオリエンテーションのお呼び出しが

あったので学校へ行きました。

制服の販売で出張デパートが来ていたので

まずは制服の購入。

スカートと学校のロゴがついたセーターを購入。

それだけです。白いYシャツはあるし、靴下も紺色のハイソックスなら

なんでも良いし、靴も黒のローファーすでにもっているのでOK.

通学用バックパックも指定無し、今もってる物OK. 

寒い冬場は、ダウンジャケットやコート、マフラー、帽子と

自由に上に着用して良いそうで楽なものです。

 

制服を買ったら私は退散。

次のオリエンテーションは、娘だけで参加。

先生が出てきて説明するのかと思っていたら、

生徒会主催で高3の生徒会長さんが、色々と

お話ししてくれたのですが‥‥内容が笑える(^▽^)

学生生活お役立ち㊙情報とでもいいましょうか‥笑

 

厳しい先生・緩い先生情報‥

お勉強の事‥宿題の事‥

学校ファッションや生徒の雰囲気

カフェテリアのメニューでおいしいもの、まずいもの‥

避けた方がいい自動販売機アイテム

ロッカーの位置の格付け(人気の位置というのがあるらしい‥)

通学電車のノウハウ

 

㊙情報が終わったら、先生方の紹介

イギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダ、南アフリカなど

先生方もインターナショナルだそうです。

 

その後は、学校ツアーがあり

カフェテリアに行ったら、バレー部のお姉さんたち休憩中で

とっても元気の良い生徒さんばっかりだったそうです。

最後に、ウェルカムカードと記念のマグをもらって

かえってきました。

 

この学校、下から上がってくるお子さんが大半で、新入生は少ないので、

最初はベテラン生徒さんとマッチアップしてお世話してもらえるそうで

それを聞いた娘、安心して緊張が解けた様子。

学校が始まるの楽しみにしています。

 

また、学校生活で困った時、いつでも相談に行ける“お友達サークル”と

常駐のカウンセラーもいるということで、これも安心材料。

 

息子が通ったアメリカの公立高校とも、雰囲気の違う、娘の日本でのインターナショナルスクール高校、どうなることやら。

日本では、娘が通える学校のチョイスがないのでこの学校で楽しく高校生活を送ってくれることを願うばかりです。