シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【日本に帰国して就職活動】英語講師の面接で恥ずかしかったこと

2年前に日本に永久帰国した時は、

英語の講師しようと思っていました。

最初に応募した 大手英語学校は

書類選考 すんなりと通り

面接と試験に呼ばれていったのでした。

 

試験室に行くと、すぐ試験の説明があり

英語の筆記テストとリスニングテストがありました。

いたって簡単なテスト、リスニングも

大した内容ではありませんでした。

 

その後、一人づつ面接があったのですが

試験管は、年配の男性と、女性の二人。

男性の方は、まったく英語ができないので、日本語での面接をし

女性が英語で私と話している間、まったくわからないようでした。

 

そこまでは、一般的な質疑応答形式の面接だったのですが

それが終わったと思ったら

な~んと!

英語会話面接の最後の最後に唐突に

OK, now please sing " Twinkle Twinkle Little Star" と言われ

キラキラ星を歌わされました。

 

私 歌下手だし、キラキラ星の英語の歌詞なんて

とっくの昔に忘れてしまって、出てこないし

声はうわずっちゃうし‥

なんだか、とっても恥ずかしかったです。

 

2日後にメールで 残念ですが今回は‥‥云々‥

の不採用通知が来ました。

 

後で、この大手英語学校で講師をしていたという方に

お話しを聞いたら

「不採用でよかったわよ。あそこは、講師とは名ばかりで

実際は、ベビーシッターみたいなものなのよ~!」

ということで、その方も数週間で辞めてしまったそうです。

 

なんでも、英語教室といっても、幼児教室で

歌ったり、ゲームをしたり、とどちらかというと

お遊び教室のような内容だそうで、連れてくる目的も

子供を預かってもらう‥みたいで。

 

そうか‥、そういう種類の英語講師もあるんだ‥と

知ると同時に、私は絶対向かないので

不採用でよかった‥と思いました。

 

きっと、面接官も、私には向かないと見抜いていたのでしょうね。

それとも、歌が下手すぎたかな(^▽^)/

 

kabocha63.hatenablog.com