読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【元インターママの決断】インターナショナルスクールにもどすことにしました。

娘さんを、この春から私立中学に通わせていた

知り合いのインターママですが、

最近になって、娘さんが訴え始めたそうです。

「ママ、私勉強したい。」

今通っている私立中学は、バイリンガル教育を唱って

数学、化学はイギリス人の先生が英語で授業をしていますが

英語力不足でわからない子が多く、娘さんは

通訳係になってしまって、勉強できないんです。

 自身の英語力が劣っていくのと

自分自身が勉強に打ち込めない焦りで

毎朝表情は暗く、みるに見かねたママ。

 

決断は早く、今学期いっぱいで退学して

インターナショナルスクールに戻すことにしたそうです。

私立校なので、入学金も払い、それなりの学費も納め

服や諸々の学校グッズを買いそろえるのに〇十万かかったのに

通学期間は、一学期弱という短い期間で終わってしまいました。

 

インター育ちの娘さんですから

日本文化の学校に入って、高等部の先輩にいきなり

「敬語つかった方がいいよ~。」と注意され

部活では年齢が一つ違うだけで、萎縮したり‥

控えた言動しなくてはいけない‥

一つ年上というだけで態度が大きくなったり‥

偉そうにふるまったり‥

等といった暗黙の格付け文化にもなじめなかったようです。

 

わが娘の最後の日、

ご挨拶に私が学校に行った時

そのママさんは、再登録と教科書・制服の購入に来ていました。

娘さんも来ていて、明るい表情で再開したお友達と話していました。

学年、分け隔てなく、年齢で格付けすることなく平等に交流できる

文化や人間関係っていいなと思います。

 

とりあえず中学校は今のインターナショナルスクールに

通えますが、高校がないので、また数年後には学校探しです。

本当に、日本は学校の在り方が画一的で選択肢が少ないので

苦労します。

 

kabocha63.hatenablog.com

 

 

kabocha63.hatenablog.com