読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【息子就職先決まる】本当に独り立ちしちゃった。

皆さまにお知らせです。

3月にアメリカに永久帰国した息子ですが就職しました。

突然の知らせで私びっくりしてしまいましたが、

福利厚生Health (Dental+Medical) Insuranceもちゃんとあるよ‥と息子。

仕事内容も息子が前々から興味があった分野なので

やる気満々という声で嬉しそうでした。

 

ここ数ヶ月、息子と父親の間ですったもんだがあり

数日前から間に入らざるをえなくなった私は

精神的に錯乱状態だったのですが、息子の凛とした声で

伝えられた

「就職きまったよ!」ですーっと肩の荷がおりました。

 

息子は3月に日本を発って、まずは父親が居候している

テキサスのおじいちゃん おばあちゃんの所に

身をよせておりましたが、その後、カリフォルニアの大学に行く為

息子が高校を卒業した地元にもどり、

高校時代の親友のお家に居候して準備を進めていました。

 

行こうと思っていた大学の近くにアパートを借りようとしましたが

年齢的な壁(21歳未満)、そして、連帯契約者である父親が仕事をしていないので

収入証明がなく借りることができませんでした。

 

同じ頃、健康保険をカリフォルニアからテキサスに

切り替えた父親は、保険料が3倍に跳ね上がり、

息子のカリフォルニアでの学生生活をサポートできないから

テキサスに連れ戻す、テキサスの大学に通え

と執拗に電話をしていたようなのです。

 

そのころから、息子は、もう父親は頼れない

自分で身を立てていかなくては‥と思ったようです。

 

息子は、絶対に父親の近くにはいたくない!

テキサスに引き戻されてはたまらない!

という一心で、それまでしていたアルバイト以外に

フルタイムでの就職先をさがし始めました。

 

ラッキーなことに、今居候しているお友達のおうちの

お母さんの知り合いの紹介もあり、スムーズに就職先が

決まったそうです。

 

「俺、仕事がんばるからね。これで自分でアパート借りられるし

健康保険も自分でまかなえる」

「お金ためて車も自分で買ってダディの車はさっさと返す」

「そしたら、僕もうダディに文句いわれないし」

「もう、あんな働かないダディと

一緒に暮らすのなんて高校の4年間でうんざりだよ」

 

私は、この息子の独立宣言、頼もしく思いました。

じゃあ、大学はどうするの!? と思われるかもしれませんが

基本、大学新卒は採用しないアメリカですから

息子の今の状態で採用されたのはとてもラッキーだと思っています。

これからは働きながら、本人が極めたい職種を決めて

キャリアアップするために必要であれば、その分野を学ぶために

後で大学に行けばいいのです。

行く必要がなければ行かなくてもいいのです。

 

今就くことができた仕事を一生懸命やって

腕を磨いて、本人が考えて選んだ道を歩んで

生きていってくれたら、それが一番です。

 

kabocha63.hatenablog.com