シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【転校したお子さんのインターママとランチ】学校について話しました‥上手く行かないバイリンガル教育

今日は、娘と同じインターナショナルスクールに通っていた

Hちゃんのママと久々にランチすることになりました。

Hちゃんは、パパもママも日本人ですが

ママがどうしてもバイリンガル教育して海外に羽ばたいて

欲しいという強い意向があったので、幼稚園からインター

に通わせていました。が、授業料も高いし

ある程度、日本語もやらせたいという事で

 

Hちゃんは6年生修了後、日本の私立中学を受験して

今春からその中学に通い始めていたのでした。

 

https://www.instagram.com/p/BGnXsB5wfTL/

Instagram

帰国性、国際生をひろく受け入れ、ハイブリッドバイリンガル教育を

唱っている学校。

理数系学科(数学・科学)は英語の教科書で英語

で授業‥というのが魅力で受験したのです。

 

それなら、国語力ものびるし

学習言語としての英語も維持できるとHちゃんママは

思ったのです。

 

ところが、入学してみると、このハイブリッドコース(バイリンガルコース)

は、帰国性とは言え英語圏からの帰国ではないお子さんも沢山いるし

英検準2級レベルの生徒さんで主に構成されているという事がわかり。

 

そうなると、化学や数学の英語の教科書を読んで理解できたり

イギリス人の科学の先生が授業をしている内容、殆どの生徒さん理解できず

Hちゃんが授業中に通訳してあげる事が常となっているようなのです。

なので授業のすすみは遅いし、Hちゃんは勉学に集中する事もできず

また、今の状況では、Hちゃんの英語での学習言語レベルも

維持できなくなってしまうので

今学年いっぱいで、今の私立校は辞めて来年は

再びインターに戻す事にしたと言っておりました。

 

Hちゃんママ、がっかりした気持ち隠せない表情で

学校の様子話してくれました。

残念なことです。

 

※ちなみに、写真のパクチーのパスタは、全然美味しくなかったです(´;ω;`)ウッ…

ランチに関しては、まずすぎて何もコメント書きたくないので写真だけ頑張って

おいしそうに編集してみたのですが‥‥やっぱりまずそう!‥ですね(苦笑)