シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【シングルマザーの婚活】結婚相談所今月からオンライン紹介開始・最初の二人

結婚相談所に登録した友人Zさん

今月、彼女のプロフィールがサイト上でアップ。

契約では、毎月二人紹介してもらえる

ことになっており

今日が、最初のお相手二人マッチングの日。

 

この日を楽しみしていたZさん。

仕事から帰ってきて、いそいそ お相手男性の

プロフィールページを見て がっかり‥。

 

がっかりポイント 1人目は喫煙者だということ。

Zさん、若い頃に苦労してタバコを辞めた経緯があるので

絶対 譲れない条件なのです。他、気になったのは高卒という

こと。でも、プロフェッショナルなお仕事をしていて

それなりに収入もあり、趣味も合いそうだし、容姿良好(優しそう)、

養育もOKという方だったので、喫煙者じゃなければねぇ~とがっかりして

いました。

 

二人目の方は、見た目がいかにも「厳つい派手おじさん」

Zさんの娘さんが、この方の写真をみて 第一声

 「不良だ~!」と叫んだ程。

かなりな高収入で会社経営者らしい。

この方も高卒とあり、そこはOK、

でもZさんとしては、関わりたくない業務内容の会社

であり、これまでの経歴もはっきりしない部分があって

風貌的にも、家族一致でXだったので

辞めることにしたそうです。

 

この日を楽しみにしていたZさん。

どんな素敵な人を紹介して貰えるのか‥と

期待に胸膨らませていたので

意気消沈。 とてもがっかりしていました。

 

相談所のアドバイザーが最低半年間は

頑張って続けて下さいと‥言っていた言葉を思い出し

Zさんが推測するのは、毎月会費を払っているので

6か月目以降位から、本当にZさんの意に叶うような人を

紹介してくるのではないだろうと、言ううのです。

 

「う~ん‥、そうか‥やっぱりビジネスか。」

 

あまり期待しないで、とりあえず6か月は様子みて退会かな‥

と言っておりました。

 

kabocha63.hatenablog.com

タグ:再婚、結婚、離婚、婚活、シングルマザー、結婚相談所、高収入