読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【アメリカの学校】ランチタイムとお昼休み時間

f:id:kabocha63:20160222195026j:plain

 

アメリカの学校では、お休み時間やランチタイムは

教室から出されます。

教室ではランチは食べません。

 

南カリフォルニアの学校は、外に屋根だけがついた

カフェテリアがあり、テーブルが沢山おいてあって

 

お昼の時間だけ売店の窓口がオープンします。

サラダバーや日替わりランチを買って食べる

子供もいれば、お家から持ってきたものを

食べる子もいます。

 

好きなテーブルに座って食べます。

芝生の上に座って食べる子もいます。

毎日 違うお友達の席に座って食べても良いし

一人で食べてもOKです。

石段にチョンと腰かけて食べる子もいます。

男の子も女の子も学年もばらばらです。

 

小学校では、ボランティアのお母さんが

常時何人か交代でお休み時間に来て

ランチタイムとお休み時間の遊びが

円滑に行くように見回ります。

 

ランチトレイを上手く運べない

小さな子供達のお手伝いをしたり

ミルクパックにストローをさしてあげたり。

校庭では、危ない遊びや

けががないように子供達を見守ります。

 

アメリカ学校では、子供達がランチタイムに

良くお弁当のおかず

やスナック交換します。

お弁当わすれちゃった子には

みんなで 少しづつ分け合ったりもします。

よく娘は、

「私のしゅうまいと〇〇ちゃんのパスタ交換して食べたの」とか

おにぎりとキンバ(韓国の巻きずし)交換したの~

と言って色々な国の食べ物を食べてました。

 

こんな風に毎日ランチタイムを過ごし

お昼休み終了のベルがなると

みんな教室に戻ります。

 

お昼休み終了のベルが鳴ると同時に

教室が開くので

子供たちは午後の授業を受けに

校舎に戻ります。

 

 

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com

kabocha63.hatenablog.com