シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

失業 そして、癌と言われたら‥どうしますか

皆さま こんにちは~。 アメリカで国際離婚を経て現在日本でシングルマザーをしているカボチャです。

***

親友Zさんは、アメリカ国籍を取得した日本人男性と結婚しアメリカに15年住んでいましたが、数年前に子供二人を連れて永久帰国しました。ご主人が仕事をしなくなり生活が回らなくなり家族を捨てて裕福なお姉さんの所へ引っ越してしまったからです。

日本では離婚届けを出して正式に離婚しましたが、アメリカでは離婚の手続きをしないまま出国したので今でも婚姻状態にあり、ご主人は現在もアメリカで暮らしています。

Zさんがご両親宅に居候してお子さんを育て、元ご主人が息子さんの大学費用だけは払っていたのですが

一ヶ月程前 

「解雇されたので、もう学費は送れません。」とうメールが届きました。

やっと就けた職だったのに解雇されてしまったようなのです。

「じゃ、早く失業保険の支給の申し込みしてよ」というと生返事が帰って来ました。

しばらくの沈黙状態の後

昨日になって、 ショッキングなメールが‥。

「検査の結果 癌だと言われました。」

Zさん 頭が真っ白になってしまって 状況が把握できないので

詳しく聞いてみたところ

2段階で検査をした結果 陽性

数日後には内視鏡検査がありはっきりした結果でることになっています。

 

実は Zさん この夏に元ご主人が一時帰国した際

顔色・顔つきがおかしかったと言っていたんです。

きっとあの頃から病状が進んでいたに違いないと言います。

そして、娘さんには「一人でクラスのは寂しい」と

言っていたらしいのです。

 

お正月にパパに会えるのを楽しみにしていた子供たちに 

なんて説明すればいいんだろう‥とZさんは悩んでいます。

Zさんは元ご主人に メールで返しました

「もし、助けが必要なら私がそちらに行きますから知らせてください。」

それに対する返事は来ていないけれど

お断りのメールも来ていないので

Zさんに来て欲しいのかな‥と推測します。

 

もしかしたらアメリカに行かなければいけない‥

とZさん覚悟しているようでした。