読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

帰国してからの職探しノウハウ

皆さま こんにちは~。 

アメリカで国際離婚を経て現在日本でシングルマザーをしているカボチャです。

*****

帰国して一年と3か月たちました。

これまで日本で仕事探しをして来た中から

私の反省もかねて情報提供させて頂きます。

これから帰国するかた、帰国をお考えの方の参考になれば‥と思います。

率直な感想ですが、下記の条件をクリアしていれば、あまり年齢は関係なく

アメリカよりもずっとずっと楽に就職できます。

  • フルタイムで働ける(残業ができれば尚良し)
  • 都心まで通勤可能 (※地方の方は、あとでご説明します)
  • 英語とパソコンができる
  • 働いた経験がある

そして、20代~30代であれば全く問題なく就職できると

思います。

英語が出来る‥という証明はTOEICのスコア900点以上

というのがが一番効きます。

日本では850点以上あると書類選考で引っかかる可能性大です。

 

実際の職探しはネットが主流で

Indeed.com、リクナビ、エン、しゅふJOB等で

キーワード 英語x事務 英語x翻訳 英文事務などと

入れるとかなりの数ヒットします。

これを見ていいなとおもったポジションに応募しても良い

のですが、検索に時間がかかるのと、ネット上で公開募集

されているので応募者も多く落とされる可能性も高いのです。

もっと効率的な方法は帰国してすぐ、大手の派遣会社やリクルート会社に

沢山登録してスキルのありったけを提示しておくのです。

そうすると、マッチした案件が上がって来た時に連絡してくれます。

ネットで公募する前や公募していない案件で、

声をかけて貰えることが多いので可能性が高くなります。

今 私が働いている職場は、一年前に登録していた会社から

忘れていた頃(今年の夏)に話があり、すんなり決まりました。

他にも以前応募して落とされた所から後で

お声がけ頂いたこともありました。

まずは応募しておくと良いと思います。

※地方の方はといいますと、実際はわからないのですが

私がネットでの求人情報をみた範囲内で感じることは

‥英語ができる方が不足しているみたいで

良く募集を見ます。 住宅補助や社宅完備と書いてあるポジションも

あるので条件良いと思います。地方ですと車や徒歩通勤も可能ですよね。

‥もし子供がいなくて私独り身なら応募するのに~

と思った募集がこれまでいくつかありました。

私がいた南カリフォルニアに比べても

日本人が就職するのは、やっぱり日本が楽です。

特にアメリカの地方都市で‥日本に帰ろうかな‥

とくすぶっている20代~30代の方々

アメリカでの職歴や英語力を活かせる良質の仕事は

日本の方が圧倒的に見つけやすいです。

すぐ帰って来なさい! と言いたいです。

 

それと補足ですが、日本は正社員じゃなくても

低額で国民健康保険に加入できますから。

安心です(^▽^)/

 

kabocha63.hatenablog.com

 

 

kabocha63.hatenablog.com