シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

【準備の手引き】アメリカで離婚して日本に移住しようと思っている方へ

2014年 アメリカで離婚が成立し

2015年 日本に帰国したかぼちゃです。

アメリカ生活を引き上げる際、すべてを引き上げてしまわないで

 残しておいてよかったな‥‥というアイテムがいくつかあるので伝授いたします。

 

1.銀行口座 

 2.アメリカでつくったクレジットカード 2枚 VISAとAMEX

 3.リタイヤメント口座

 銀行口座は、そのままにしてきました。

ある程度のお金もそのまま置いてあります。

Tax Filingの際の決済に使ったり クレジットカードの支払いがオンラインでできるので便利です。

 

【実例】子供たちのアメリカ滞在中に NordstromからUGGのブーツを購入。VISAカードで支払い、お義母さんの住所に送ってもらい、スーツケースに入れて息子にハンドキャリーしてもらいました。一か月後VISAカードからオンライン請求が届いたので、銀行口座からオンラインでお支払いしました。 こうすると、面倒な為替や送金の手続きがスルーできて楽です。

 

【実例】娘が欲しい英語の本。日本のアマゾンでは見つからないこともあり、時々、amazon.comから購入しています。既に私がアメリカで使っていたAMEXが登録されているので、すんなり購入。

 

【実例】例えば、cheaptickets.comなどでbookingする場合、アメリカのクレジットカードでドル決済した方が、日本のクレジットカードで円を介して決済するより安い場合が多く。

私は、近い将来、フラッと一人旅したいなと思っているので、その時はアメリカのVISAかAMEXでexpedia.com や cheaptickets.comでブッキングして旅しようと思います。

 

【実例】息子がアメリカの銀行で開設したカレッジアカウントは私の口座と紐ついています。

息子がアメリカでお金必要になった時は、オンラインバンキングでTransferするだけなので、楽です。いつでもどこでも、すぐできます。特に離婚してお子さんを残して来られる方は便利ですね。

 

リタイヤメント(IRAや401K)も、59歳半まで引き出すことが出来ないのでペンリティーがかかりますから そのままにしてきました。今ドル高傾向にありますから評価額増えてます。 住所変更だけはしておいたので Statementは日本の住所に送ってくれます。

 

クレジットカードは、アメリカの住所が必要なのでお義母さんの住所を登録してあります。

クレジットカードは、日本に帰って来たら もう作る事できなくなってしまいますから 絶対キープですよ!!

以上、ご不明な点ありましたらお問合せ下さい。

kabocha63.hatenablog.com