シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

Life is too short‥‥人生は短し‥‥

ずっと前カリフォルニアで一緒に仕事をしていたアメリカ人の同僚が

言った言葉 そのまま引用します。

Cheers to those who believe that life is too short to be taken too seriously; there's no such thing as too much fun and if your work isn't fun... find other employment.

これ読んで かっこいいなぁ~ と思いました。

要約すると

人生短いんだから、面白すぎちゃいけいなんてありえないわ。 あなた仕事が面白くなかったら‥‥他の仕事さがしなさい。

日本育ちの私としては、辛くて面白くない仕事も我慢して続けていく事が美徳だと思っていましたが

彼女の考えは真逆。 

彼女とは 17年前 アメリカの日本企業で しばらく一緒に仕事しましたが

仕事が合わず 若干 うつ状態でやめてしまったんです。

その後 彼女はどういうわけか シンガポールで仕事が見つかって

移り住み それから 次々と 良い職に恵まれ

アメリカにいたら 到底 就けないような仕事をする事が出来たんです。

今 現在は とある 有名ファッション関連の会社で

マーケティングディレクターをしています。

アメリカに帰る気は全くないといいます。

最近の 彼女の写真をみると 洗練されてて セレビー(セレブ感漂ってる)

生き生きしてます。

彼女から学ばなければいけないこと

仕事は楽しまなくっちゃいけない。

楽しくないんだったら次をさがす。

自分が楽しくて楽しくて打ち込めるなっていう

仕事をしなくちゃいけないだなって。

そしたら 自分も輝けるし 幸せになれるし

私の周りの人にも ‥ とくに私の場合は子供たち‥‥

にも やる気や 幸せな気分 をわけてあげることができる。

仕事って 辛い思いをしてやるものじゃないんですね。

いい事言ってくれました。