シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

もしや認知症のはじまり?

夜9時頃 母から電話が

もしや 父の容態が悪くなったのではないかと

急いで 出てみると

「玄関の横に 長いひもにつないでかけてあった 家の鍵がないんだけど。

持っていってない?」 と母。

母が言うには おととい 散歩に行った時はあったが

今日はなくなっていた というのです。

一昨日の夜とまり

昨日 母の家をでた 私たち 3人のうちの誰かが

鍵もっていったのではないかと

かなり 憤慨した 様子でした。

とは 言っても 私たち3人とも 合鍵を貰っていて

それぞれの キーチェインにつなげているわけですから

わざわざ 鏡の横にあったであろう 長いひものついた鍵など

使わなくても良いわけですし

よくよく 考えれば 一昨日 母は 父の病院へ駆けつけて

夜暗くなってから 帰宅。

散歩に行く時間など なかったはずなのです。

きっと 鍵は どこかから 出てくるのでは

と思うのですが

電話口の 母の口調は

最初から 疑っている 強い口調で

私は ただ黙って聞いていましたが

子供たちが そんな 母を聞いてなくてよかった。

もし聞こえたタラ 意地悪ばばあ に聞こえちゃったと思います。

母は 一昨日 散歩に行けてないはずなのに

行ったと言い

多分 自分でどこかに置いたであろう 鍵を

私たちが 持っていると 思いすごしている。

これって 認知症の 初期症状なのでしょうか。