シングルマザー in Japan アメリカで離婚・子連れで永久帰国

25年間のカリフォルニア州での国際結婚の末離婚. 2014年7月に日本に永久帰国しました。51歳での再出発。 日本でのセカンドライフを綴って行きます。 離婚までいきさつは、こちらのブログを読んでください。http://blogs.yahoo.co.jp/jrumi5

学年主任・担任の先生と初顔合わせ

本日 地元の公立中学校に

娘と二人で行って来ました。

オリエンテーションです。

駅から7分くらいの道のりでしたが

暑くて暑くて

職員室に付いたときは 汗だくで

冷房聞いてましたが 噴出す汗がとまりませんでした。

学年主任の先生は 小3から小5まで アメリカ ミネソタ州で過ごした帰国子女だそうですが

「英語はすっかり忘れてしまいました~」 と言っておられました。

担任の先生は おそらく 英語の先生です。

色々 お話を伺う中で 結局のところ 個人授業や取り出し授業といったかたちでの サポートは期待できないのかな・・ という印象でした。

日本語のアセスメントテストをやると思っていたのですが

これは 単に 私(保護者)の要望をカウンセラーに伝えて

どんな形で 支援していくのか 話すだけ・・だそうで・・。

やはり アメリカの学校で おこなっているような 組織立った第二外国語としての

日本語カリキュラムというのはないようです。

9月にはいって いきなり 期末テストが 3日間

「一応 テスト受けてみて下さい」 とは言われましたが

な~んにも わからない テストを受けさせられ 3時間以上も座らせられて

娘が やる気を失ってしまうのではないか・・・と心配

テスト問題には ふりがなをふりますよ・・ と言われましたが

ふりがなを ふったとて 中一レベルの 理科や社会の単語はわかりませんから・・

これから どのような形で 娘が 学んでけるのか・・・

不安です